汗っかき・毛深い事に悩んでいます

子供のころから、汗をかきやすい体質で悩んでいます。自覚したのは小学校4年生の時でした。

バスケットボール部に所属していたのですが、部活中にみんなと同じ運動量のはずなのに私ひとりだけ汗びっしょりで、色の濃いTシャツを着ていると汗で色がかわってとても恥ずかしかったです。

恥ずかしいだけならまだ良いのですが、夏場の暑い時期以外は汗をかいたあと少し休むと体が冷えてしまい、今思うと当時風邪をひきやすかったのは部活中汗をかき、少し休むと汗をかいた頭、首筋、脇などから体温が奪われ体が冷えるという状態が続いていたことが原因なのかと思います。

中学時代は自我がより強くなる時期ということもあり、とても悩んでいました。この頃には、運動をして汗をかくだけでなく、通常時も脇に汗をかいていて、ひどい時は服の上からもわかるようになっていました。

いわゆる多汗症ですね。高校時代になると、そういう体質であるというのを受け入れ、工夫をするようになりました。

制服は仕方ないけれど、私服は自分で選ぶことができますから、なるべく汗で色が変わっても目立たない色合いのものや、素材の服を選ぶようにしていました。

大学に入りアルバイトを始めました。バイト先の制服が、汗じみが目立ちやすいもので、これはなんとかしたいと思い、思い切って多汗・ワキガ専門のクリニックを訪れました。

手術によって多汗が治るはずと思い、不安と期待に胸をふくらませて受診したのですが結果、私の場合、ワキガではなく精神的なものからくる多汗であろうとのこと。

手術をしても治る見込みはないと言われてしまいました。その時のショックたるや…。クリニックの先生のアドバイスは、自分で多汗を自覚し、気にするようになったことがさらに症状を悪化させている。

汗は自律神経によるものなので、自治津神経を整える努力をすると良いとのものでした。それ以来、自律神経に関する書籍を読み知識を深め、寝る前やリラックスタイムに自律神経を整える音楽(そういう専門のCDやネット動画があります)を聴くようになりました。

毎朝ベランダに出て朝日を浴びて体内時計をリセットする、アルコールをやめ、食事を和食、特に菜食中心のものにかえました。そういった生活を続けて2年ほどになりますが、効果は絶大です。

夏の暑い日には脇や頭から汗がたくさん出ますが、それ以外の季節は、以前のように常に脇が汗でびっしょりということはなくなりました。

入浴前や着替えをする時にふと、着ていた服の脇の部分を触れてみて、さらっとしていた時には泣きそうなくらい嬉しくなります。もう少し自信が出てきたら、これまで着られなかった濃い色合いの洋服に挑戦してみたいと思います。

汗かき以外には、毛深いのも悩みです。親の遺伝なのか、体毛が濃いんです。。。学生の頃に男子から「お前毛深いな」って言われたこともあります。

それ以来毛深いのがコンプレックスで。なので今は、脱毛サロンに行ってムダ毛処理してもらっています。

こちらで…脱毛 岡崎市

まだ脱毛は完了していないんですが、初めに比べるとだいぶ薄くなったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です