月別アーカイブ: 7月 2017

自分でできるムダ毛処理の方法:クリームの特徴と使い方

自宅でセルフ脱毛の方法の一つとして除毛クリームを使ったムダ毛処理の方法が挙げられます。

除毛剤を使ったムダ毛処理の特徴は剃る・抜く・焼き切るなどのセルフ脱毛とは違って、除毛剤に含まれているタンパク質分解作用を持つ脱毛成分が、皮膚表面の毛を溶かしムダ毛処理ができるという仕組みです。

そのため、塗って洗い流すだけでセルフ脱毛ができるため、皮膚の角質まで削る事になるカミソリ・シェーバーを使った処理方法と違って、出血・肌荒れなどのトラブルも起こりにくいですし、毛先を丸く溶かすため処理後の皮膚表面のザラつきもなく仕上がりが綺麗なのが特徴です。

ただ、クリームを使ったセルフ脱毛は毛を溶かすアルカリ性の薬剤によって毛を処理するため、肌への負担を完全に避ける事はできませんが、肌に優しい天然成分が使われていたりケア成分として保湿成分や美容成分が配合されている商品も多いので、カミソリや毛抜きなどを使った処理方法と比べて肌への負担が抑えられるため、肌荒れ・埋没毛・色素沈着・肌の乾燥といった肌トラブルが起こりにくい方法です。

また、除毛クリームはドラッグストアやネット通販なので簡単に手に入れる事ができ、価格も安いものだと600円程度のものもあるので、コストパフォーマンスの面でも優秀な脱毛アイテムです。

ただし、このムダ毛処理の方法は表面上の毛を溶かすだけで効果は一時的なものなので、一般的に5日から1週間に一度のペースで処理を行う必要がありますが、最近は毛の成長を抑える成分が配合されている商品もあるので、そういった商品であれば効果の持続期間も長くなります。

除毛クリームの使い方はまず、除毛したい部位の皮脂や汚れをしっかり洗い落とし、清潔な肌が乾いている状態でムダ毛を覆うような厚さで塗り、その後5分から10分程度を目安にそのままの状態で放置して、タオルなどで拭き取った後しっかりすすいで洗い流すだけです。

こういった簡単な使い方のためムダ毛処理にかかる時間を短縮できるのがメリットですし、いつでもどこでも持ち運んで使用できるため便利ですが、顔脱毛やデリケートゾーンの脱毛など肌がデリケートな部分への使用は控える必要があります。

除毛クリームを使ったセルフ脱毛は肌への負担・仕上がり・コストパフォーマンスなどでメリットが多いムダ毛処理の方法ではありますが、サロンやクリニックの脱毛のように毛根に作用するわけではなく、あくまで表面上の毛を処理する方法なので、毛を毛根から抜く事ができるわけではありませんし、肌に優しいタイプのものであっても肌に全く負担がないわけではないので、敏感肌の方や肌が弱い方は使用前にパッチテストを行うなど注意して行う必要があるムダ毛処理の方法です。
手軽にムダ毛処理ができるといったメリットはありますが、肌への負担が大きそうな気がします。肌が弱い人なんかはすぐに肌トラブルになる可能性もありますね。

やはりそう考えると、ムダ毛処理は脱毛するのが一番いいのかなって思います。

毛根からムダ毛を無くすことが出来ますし、トラブルになる可能性も低いと思います。私の住む水戸市にはいくつかの脱毛サロン(脱毛 水戸市)があるので、近々行ってみようと思ってます。